話す時はコップに水を注ぐ時のように。

今日は、僕の強みでもあり、弱みでもあるクセのお話。

話し相手に対して、知っていることをついつい余計に話してしまう時がある。

楽しく聞いてもらえるうちはいいんだけど、いつしか、話しすぎて

「余計なこと」レベルに達しているのに、口が止まらないという時も

しばしば(泣)。


先日、初めてお会いした方とあれこれ話している中で、大阪時代のネタで

その方の参考になりそうなことがあったので、軽くお伝えするつもりだったの

だけど、途中から「あ、この人聞いてない」って空気感が伝わってきた。

これ、話しすぎだよね、多分。

 

心理的安全性があるというか、ある程度相手との距離感が分かっている場合は

そういう遠慮はしなくても、話をぶった切ってくれるので相手に委ねちゃえば

いいよね。でも、初めてとか、自分が目上の場合とかは、聞き手の器をまず

最初に認識してから話していくようにした方がいい。

水を注ぐ時のことを考えたら分かるけど、小さなコップを持っている人には

そっと、量を確かめながら注ぐし、大きなカップだと一気に注ぐ事ができる。

話をするときもきっと、一緒だよね。


だから、僕の話を聞いてて「あ、(話したがり)モードに入ったな」と感じたら

遠慮なくぶった切って下さい(笑)。

文句どころか、感謝するようにします^^;。

書店で見つけた棚。
売れてるのかな?