昨日から、新しい従業員が牧場へやってきた。

「新人に仕事を教えるのをしばらく手伝って欲しい」

と親方に頼まれているので、毎朝僕が仕事を教えている。

今時の研修は、自主性がどうとかこうとか言われるけど、

そんな事はお構いなし(笑)。

まずは、徹底的に仕事を基本的な「型」で覚えてもらう。

その方が見ず知らずの環境にやってきた新人が最短時間で

仕事を覚える事につながる。

酪農の現場には、全ての仕事のやり方・順番に意味がある。

それらは全て言ってみれば「牛の都合に合わせる」為。

あとは、何を聞かれてもすぐに相手の言葉で理解して

もらえるように、言葉を尽くすこと。

 

いまはまだ数回しか仕事をしていないので、時間がかかってしまうけど

これも、回数を重ねたらきっとスムーズに動けるようになる。

 

この大変な酪農の現場に飛び込んできてくれたMさんの想いを

大切にする為にも、仕事は「型にはめる」。覚えてもらう。

 

これから毎日、1つずつできることが増えていく楽しさを

僕も一緒に楽しませてもらいます^^。

娘から飛んできた画像。何のキャラか怖くて言えない。彼らにはピカチュウの型は伝わっているのだろうか・・・。

 


 

Please follow and like us: