【 MSOfficeのバージョンアップには要注意 】
 
先日、Office365をインストールしてから、word2003が開けなくなった時の為にWord2010 を使えるようにしていたお客さんから
 
「編集はOffice365を使っていて、切り替えるのが手間なので、いつでも、Offce365で開けるようにして欲しい。開けないファイルが届いたら、FAX等で対応する」
 
という連絡をもらい、古いWordの削除だけで大丈夫だろうという算段で客先へ訪問した。
 
最初に考えていた手順は、
□ Office2010のアンインストール
□ ファイルの関連付けをWord2010からOffice365に変更

□ 再起動して問題の無いことを確認

この手順。見込みで15分〜30分ぐらい。

と、こ、ろ、が。。。
そうは問屋が下ろしてくれないのが、今どきのマイクロソフトでした(泣)。
結局、2時間ぐらいあれこれとさまよいながら、無事解決。
忘備録代わりにまとめておきます。
《 Office2010をコントロールパネルからアンインストール 》
→Office365でdocもdocxが開けなくなる   
→Office365の再インストールへと方針転換
《 Office365をコントロールパネルからアンインストール 》
《 https://www.office.com/ へログインし、インストールを選択 》
→「すでにインストールされています」と表示される
→ コントロールパネルからではダメで、
ツールを使ってアンインストールする必要があると分かった
《 アンインストールツールをダウンロードし、実行、再起動 》
https://aka.ms/SaRA-officeUninstallFromPC
《 https://www.office.com/ からインストールを選択 》
→ 正常にインストールできた!!
→ 古いwordもOffice365 で開けるようになった!!
ここにたどり着くまでにあっちこっち行きましたが、稼働確認してみると
今までは開くことができなかった古いwordのファイルもOffice365で開く
ことができるようになっていて、今までややこしい状態だったものが
全部すっきりとクリアになっていた。
時間はかかったけど、結果オーライな作業でした。
写真は、長い旅路の末にたどり着いたOffice365のインストール画面
ここまでの道のりの長かったこと・・・・・。