スマートフォンを使っているとこんな画面が出てきませんか?

【○○をアップデートしています。】

【自動更新データをダウンロードしています】

なんていうキーワード.

この時に扱われるデータは小さいものであれば、500MB前後だったりしますが、 メジャーアップデートと言われる大きなアップデートの場合、iPhoneだと数GB になる事もしばしば。

いま、スマホはもちろん、パソコンのOSやソフトウェアも、自動更新が基本になっていてこうしたソフトウェア更新プログラムのダウンロードが頻繁にあります。

他にも、ゲーム機はもちろん、家の中の様子を写すライブカメラだったり、
電化製品までもがソフトウェアが中心にある製品は何らかの形でアップデート
が避けられない時代です。

もうすでに、様々な製品が【ブロードバンド】回線の存在を前提として仕組みが作られています。

「わし、youtubeもそんなに見ないし必要ないで」 と言っても、スマホやパソコンがブロードバンド回線を前提とした設計になっています。

携帯電話の通信容量をそのまま流用することもできる場合もありますが、多くのキャリアはテザリングに関しては制限をかけているので、好きなだけ使えるという訳ではありません。

もう、電気を引っ張るのと同じ感覚でインターネットにブロードバンドでつながっておくことが必須の時代だと言えます。

それは、都会だけじゃなく、田舎でも同様に。

逆に言えば、田舎での暮らしを満喫しながら、インターネットを活用して都会ぐらしの良さも取り込むことだってできる。

こんな風に飛行機にしょっちゅう乗る事が難しくても、インターネットがあれば
沢山の人達と繋がれる。楽しめる。









田舎だからこそ、インターネット環境は重要なんだと思います。