「ホームページをどうしたらいいか、考えたいんです」

というお話をいただいて、訪問したA社。

すでに公開されたページを見ると、スッキリとしたコーポレートサイト

が立ち上がっている状態。時々、更新記事も入っている。

ただ、周囲の状況や環境の変化に合わせて

変えていきたいと思っているが、どうすれば良いか知りたい。

そんなお話。

僕がお話したのはこんな感じの流れ。

STEP1ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウェブサイトを誰が見てくれているか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
既存のコンテンツを見直して行くと
・沿革や歴史を紹介
・仕事の実績を載せていく
・求人
・ブランドイメージ作り
・販売、ネットショップ等

etc……..
いろんなページがありますが、そもそも、当初の目的がなんだったのか、
その目的が実現できたのか、または、課題が浮かび上がってきたのか、等
いま、ウェブサイトに対して、自分達が考えている目的とそのページを見て
くれるお客さんが感じる目的を比較しながら、サイトを見てくれる人を
考えていきます。

STEP2ーーーーーーーーーーーーーーーーー
自社は情報発信体質か、否か
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
無理難題や、負担になることは自社のことではなかなか続きません。
だから、まずは、自社の社員がTOPを始めとしてSNSやブログ等で
積極的な情報発信を得意としているかどうか、「情報発信体質」の有無
を確認します。

STEP3ーーーーーーーーーーーーーーーーー
技術的な基本を押さえているかどうか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SSL/TLS化ができているか、社内でサーバー周りや、問合せがあった時の
対応ができる状態かどうか

STEP3ーーーーーーーーーーーーーーーーー
Google と仲良くしよう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
GoogleAnalytics&Consoleはもちろん、マイビジネスの登録もちゃんと
オーナー申請しているかなど、ウェブ上の自社情報はGoogleと仲良くして
おくことで、伝わる情報や口コミ情報もきちんと管理できます。

 

STEP4ーーーーーーーーーーーーーーーーー
“ストック”と“フロー”を意識する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウェブサイトは、基本的には自社の“ストック”情報として情報の蓄積。
FacebookやInstagramなどのSNSは“フロー”として今の状況を伝える
この使い分けを考えて、何ができて何ができないかを整理します
また、今は動画も欠かせない要素なので、取り組み方針を検討します

 

STEP5ーーーーーーーーーーーーーーーーー
道(Route)を考える
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Step1〜Step4を考えた上で、お客さんが、ウェブ上で歩く道を考えます
Google経由でサイトに来てもらうのか。
SNSでの情報発信を主体にして、そこからサイトへ誘導するのか。
はたまた、逆の流れをつくるのか。
いっそ、SNSはやらない!って決めて、ウェブサイトをいい感じで
作っておいて、できるだけイメージ主体にしておく、とか。
お客さんが見る流れを、自社でのスキルや役割分担の有無等をふまえて
整理していきます。

こんな感じでウェブサイトへの考え方を整理していきます。
ネットショップが入ってくるとこれだけではダメで、やるべきこと、
考えるべき要素がさらに増えてきます。

でも、ウェブサイトを考える上での入り口としては、こんな感じで整理
していくと、何をすべきかが何となく見えてきます。

この状態で、制作会社さんと話ができると、無茶な予算にはならないし、
作った後で、あれこれと起きる揉め事も減らす事ができます。

最近、いくつかウェブサイトリニューアルに関する問合せいただいたので
整理してみました。

写真は、パン屋さんに佇むトラクター。こういうイメージ写真もサイト作る時には役立つときがありますよ。