電波は目に見えません。

多分。

でも、見えるようになる方法があります。

 

それは、

 

電波の気持ちになる。

 

それだけ(笑)。

 

電波と一番似ているのは縄跳びの縄。

 

自分が片方。相手にもう片方を持ってもらいましょう。

イメージだけでも構いません。

 

床に置いて、左右に振ってみます。

早く振れば、短い距離で、沢山の波。(=周波数高い)

ゆっくり振れば長い距離で、少ない波。(=周波数低い)

間に人が入って踏まれたりするとうまく届かない。

障害物を乗り越えるには、強く振る必要が

あるのも同じ。

縄跳びを2本同時に振ると、受け側も手が2本

必要になるのも同じ。

1本の手じゃどっちがどっちか分からない。

 

電波も同じような動きをします。

今日は日曜日。

こんな感じで飛びながら電波の気持ちに

なってみましょう(笑)。

 

なわとびがない人は、この動画でデンパ君に聞いてみよう。
https://www.youtube.com/watch?v=poILs3DANYY

ちょっとシュールな感じですが、わかりやすいですよ。