昨日は、“顧客と遊ぶ”をテーマにしてSNS等の

使い方や落とし穴などについてセミナー。

個人というよりは、あくまで商売に活かす

のが目的だから、普通のSNS利用法よりは

制約条件が多かったかも知れない。


Facebookのネタが多かったのが

反省点なんだけど、それ以外は、まずまずの

反応だったと思う。

 

そんな中で、皆さんにお伝えしたかった事が

【 情報発信体質 】の作り方。

 

慣れればすぐできるのだけど、何もやっていない

方にとってはこれが非常にハードルが高い。

どうすればよいか?

====================

  • 時が来るまで放っておく(無理しても続かない)
  • 時が来たらとことんやってみる
  • (TOPの方は)部下より前にまず自分からやってみる

====================

 

この3つ。

無理にやっても楽しくないしつまらない。

 

旅行に行く時にどうしても使いたくなった、

とか、

趣味や、交流会等で知り合った方々とつながりたい

といった理由でも、何でも構わない。SNSを

使ってみたいと思えるようなシーンがあれば

ここで“どうしようかな〜”とは考えない。

そのタイミングからまず始めてみる。

タイミングが間違っていなければきっとスムーズに

進められる。


SNSの発言も、商店主にとっては、店先に自分で

立ってお客さんの相手をするのと一緒。

お客さん(=見込み含む)と一緒に会話を楽しんで

相手の様子を感じ取って、的確なお勧めを考えてみる。

始める不安ばかりが先に立つかも知れないけど、相手は

同じ“人(ヒト)”です。必ず伝わると信じて、語りかけて

みましょう。

きっと、面白いことが起きてきますよ。

 

 

 

 

 

先日いただいた美味しそうなビール3兄弟。

ビール好きな友人達とこういう事を語るのも

“あり”だと思います。