「家族間通話無料」

「キャッシュバック34,800円」

「月額利用料ずーっと1,000円」

etc………

携帯、光回線、格安SIM(MVNOってやつ)、通信系の

様々なサービスをどう選べばよいか? って誰も教えて

くれません。

目につくいろんな所で、価格の安さやギガ数を謳ったCM

ばかりが目につきます。

でも、こうした「安さ」を基準にしてサービスを選ぶと

ほぼ8割ぐらいの確率で失敗するのですが、多くの方は

失敗したことにすら気づきません。

 

失敗というのは、

□ 利用実態以上の契約
(格安SIMでも十分な利用なのに・・・)
□ そもそも、電波状態が悪い場所だった
(利用料は普通に払ってるのに繋がりにくい)
□ 電話料金が結局上がった
□ 本来は払う必要のない契約やオプションがセットされてる

といったこと。

じゃあ、どう防げばいいか。

 


「何をしたいか」

「何を捨ててもいいか」


この2つの基準で。

あと、信念として

「値段の安さやキャッシュバックだけでは絶対に選ばない」

「払う必要のないお金は極力払わない」

この2つも考えています。

それだけでも、前述のような失敗はかなりの確率で減らす

事ができます。

実例を見てみましょう。

 

僕の場合、携帯をどう選んだか?

「何をしたいか」
・娘2人分をあわせてできる限り携帯代を安くしたい
・Macbookを使ってるのでiPhone1択
・電話は受けられる状態を作っておきたい

「何を捨ててもいいか」
・電話→LINEかFBでほぼOK。
・つながればいい(=お昼とか夜遅くてもOK)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
基準としては、これだけ考えてました。
安さについては、その後です。

携帯3社(au,docomo,softbank)だと月額利用料は

どう頑張っても通話込に“させられる”為に、

6,000円以下に下げる事は難しい。

しょうがないんですね、そういうビジネスモデルなので。

だから、「通話主体」の人はまず携帯3社以外を選ぶ

ことは避けられません。

また、以前は、最新機種を選ぶ為に、3年間携帯会社の

契約に縛られることで、本体代金を実質負担を低く

抑える事ができましたが、いまは、それも総務省が

禁止しちゃったので、もう、どのサービスを選んでも

本体代金はかかってしまいます。

格安SIM(MVNO)と言われるmineo やIIJ,

楽天モバイル等のサービスのメリットは、

「通話」と「パケット」を分けて考えられる

こと。

「パケット」=割安  「通話」=割高

なので、「パケット」部分を主体にした契約を選ぶと

格安SIMは利用価値がグンと上がります。
(3GB〜5GBぐらいが一番いい)

(例外)
UQmobileやY’mobileは格安SIMとは少し違ってて、
通話もそこそこ、パケットもそこそこな感じで安くしたい人向けです。

 

ここまで考えて、格安SIMのサービスの中で、

「利用者目線で分かり易いサービスや情報提供をしてる」

ところ、ということで、娘2人と僕、3人分のmineoを選択。

https://mineo.jp/

格安SIMでも価格ばっかりを謳ってるところは信じません

でした。

本体代金は一気にかかってしまいましたが、

月額利用料は3人分合わせても4,000円弱。

電話については、どうしても受ける手段が必要なので

auのガラケーで月1,000円ぐらいのプランを使って

スマホとガラケーの2台持ちしています。

ほぼかけない電話の為だけに、カケホーダイとは

いえ、高い料金を払うこと無いですから。

いま、この状態で3年近く使い続けていますが、

特に問題・不自由なく使えています。

 

使っているスマホの2年縛りが解けるタイミング

だったら、auならAプラン、DocomoならDプランといった

同じ携帯キャリアの電波を取るプランを選ぶ事もできたの

ですが、僕の場合は、全部買い換えのタイミングだった

ので、一時的に費用はかかりました。

 


とまあ、僕のことを例に出しましたが、

細かく考えていくと、携帯会社や格安SIMの儲け方や

電波や通信の仕組みといったところも踏まえて

おくことで、選択の精度はより高くなります。

 

どうしても、自分だけで選べない時は、大丈夫。

僕に声掛けて下さい(笑)。

悩む時間や携帯ショップであれこれと意味の分からない

説明に頭を抱える事はなくなりますよ → 問合せ