あるセミナーに参加した時のこと。

隣りに座ったおじさん(といっても、僕より少し上ぐらいかも)、

シーンとした会場の中で、「ピリリリリリ! ピリリリリ!」と

 

スマホで呼び出し音が・・・・。

 

慌てて胸ポケットから取り出して、音を切りました。

 

あーあ、切り忘れたんだなー。

 

とちらっと横目で見て、しばらくすると、再び、

 

「ピリリリリリ! ピリリリリ!」

 

おじさん、再び、慌ててポケットから取り出して音を止めた。

 

 

僕は思わず、睨んでしまった^^;。

 

そして、しばらくすると、みたび、

 

「ピリリリリリ! ピリリリリ!」

 

ん??

 

 

ここで、僕も気づいた。

「もしかして、止め方わからないんですか? 」

「 (止める操作)やりましょうか? 」

というと、スッと僕の前にその方のスマホ。

 

ポチッと機内モードにして返しました。

 

かなり使い込んだ感のあるスマホだったんだけど、

 

今まで、マナーモードにすらしたことがないのかも。

 

僕は、この方をこれで救うことができたのだろうか?

セミナー中だったので、何も話せず、終了後に別れたけど

普段からいろんなところで困ってたんじゃないかなー。

聞いても恥ずかしく無いって事を伝えても良かったかも

知れない。

 

お年寄りの方だと時々あるけど、あまり変わらない年代で

こういう方に出会ったのは初めてでした。

 


セミナー終了後、僕はすぐに会場を後にしたので、この方が

自分で機内モードを解除できたかどうかは定かではありません^^;。