調べれば調べるほど、Wimaxのサービス・契約はわかりづらい(汗)。

でも、大丈夫。なんとか紐解きます。

今日のお話はわかりづらさNo.1の

「ハイスピードモード」と「ハイスピードモードプラス」の違い。

結論は1つ。「ハイスピードモードプラスは絶対に外して契約する」

もしくは、契約に入っても、使えない設定にする。

これだけで、速度制限がすぐに掛かってしまうという困り事は防げます。

 

合わせて、auケータイを使っている人にとっては、お得な選択肢、「auスマートポート」も説明します。

これらが、分かるとWimaxの契約を進めてて、困ったことに陥る事はないはずです。

 


Wimaxの契約や説明を見ていると、

「ハイスピードモード」

「ハイスピードモードプラス」

この2つが出てきます。言い換えるとこれらは、

「ハイスピードモード」→Wimax2+の電波を使う

「ハイスピードモードプラス」→au4G/LTE 電波

こうした違いがあります。電波が変わると容量制限も大きく変わります。

昨日、書いたとおり、Wimaxは既存のケータイの電波とは違う周波数を使っています。

このwimaxの電波を使っている分には、3日で10GB、しかも、翌日夜間に遅くなる程度の制限なので、そんなに使ってても遅くなるということはない。

 

と、こ、ろ、が。

そのwimaxの電波が取れない場合、ルータの設定によっては自動的にハイスピードモードプラスに設定変更されてしまいます。

これは、「つながる」ことを優先しているため。

auの4G/LTEの電波はwimaxに比べると繋がりやすいのです。

使う側が意識してない時に変わってしまうので、普段通りに使っていると

あっという間に、7GB の制限に達する場合がほとんど。

 

こうなると、ハイスピードモードプラス側(au4G/LTE)だけじゃなく、ハイスピードモード側(wimax)も月末まで速度制限がかかってしまいます。

 

これが、wimaxを契約する時に必ずと言っていいほど陥る落とし穴。

 

 

 

 

写真はルータの設定画面。ここでハイスピード を選ぶ事が重要。

細かな設定は、利用するルータによって少しずつ違うのすが、やることは同じで、

「ハイスピードモードプラス」が使えないようにする。

これで、繋がらない状態を防ぐ事ができます。


こうした違いを理解した上で、wimax  の電波が届くエリアであれば利用する価値があります。

 

 

 

 

写真は、今日現在の我が家の通信状況。3日で21GBぐらい使っていますが、夜間遅くなるだけで日中はほぼ問題なし。快適に使えています。


【auを使い続ける方へ】

auスマートポート」というのが、ありますが、これは、wimaxのサービスと同じ仕組みです。

前述のように、wimaxが届く場所であれば、au経由でこの契約をすることをお勧めします。

理由は、「au スマートバリュー」の適用がかかって、月々の携帯料金が安くなるから。

wimax単体で契約する時よりも少し月額利用料が高いのですが、その分、スマートバリュー割引で携帯料金との合計金額は安くなる計算です。

 

※注意点
auショップでこのwimaxが届くかどうかの話はほぼしてくれません。かならず、「wimaxの電波(=ハイスピードモード)で利用できるのなら使うけど、そうじゃない場合は解約する。それでもいい?」と尋ねて下さい。

上記の注意点を契約前にきちんと話しておかないと、wimaxの届かない場所に設置すると月間7GBの制限にすぐかかってしまい、全く利用価値のない契約に2年間、利用料を支払い続ける事になります。

 

ややこしいなあ、と思うけど、こういう仕組みなので、仕方ない(笑)

理解した上で便利な部分をうまく活かしていくのが一番です。