今回は、ITコンサルティングに繋がるお話。

 

ある業界でうまくいったコンピュータシステムに少し手を入れて、一般向けに

パッケージソフトとして販売することはよくある。今ならクラウド化して公開

するとか。

しかし、ソフトウェア開発の現場と運用する側両方を見てきた立場から言うと、

こうしたパッケージソフトの導入をスムーズに進める為に必要なたった1つの

ことがある。それは、


「ソフトウェアの根底を流れる哲学(=設計思想)」に賛同できるか?


ということ。

ソフトウェアを開発する際、課題解決や、現場の運用力向上など、解決しようとした

コトは、その設計思想として必ず根付いている。

ここを理解せずに導入しようとすると、例外処理(=想定外の事態への対応)や、

ソフトウェアの仕様について、現場での活用が難しいという場合が多い。

こういうパッケージソフトは現場目線で考えると、

“できること”よりも、“何ができないのか?”を知っておくほうが重要。

哲学(=設計思想)を理解していれば、それを踏まえて、運用方法を

微調整するなどして、現場をソフトウェアに合わせて柔軟に変える事もできる。

 

他社の特徴を真似たからといって同じ成功体験は得られません。

自社の強みをうまく引き出すためのツールとして、こうしたパッケージソフトを

うまく活用できるといいですね。

 

具体的な検討方法は、事業規模や業務体系などによって変わります。

コンサルティングを含めて、詳しくお聞きになりたい方は、

お問合せ下さい。(→問合せフォーム