田舎町でも、ITを活かせる環境を作り、育てる

これは数年前、仙台に行った時に見つけた仙臺四郎のキーホルダー。

仙台の商売人はみんな知ってる仙臺四郎

商売人の守り神として仙台では知らない人はいないと言われるほどの有名人。

寺子屋コミュニケーションは、十勝・鹿追町という小さな町でITケア・サポートを中心に開業しました。

小さな田舎町でも、仙臺四郎のようにインターネットやコンピュターを日々活かして商売に関わっている皆さんのITサポートの守り神になりたいとの想いを込めました。

Facebookページでも日々、コラムを更新していますので、こちらもご覧ください

https://www.facebook.com/teracomi/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です